blouseブラウス・ジャケット

【1.2mで作る】ネイビーチュニックブラウス

blouse

用意する布サイズ

134cm ×120cm

長い辺を折りたたみ

続けて短い辺を折りたたみます。

動画からの写真で説明していきます。

右下に四つの布端

左側が2つの「わ」

右上が2枚重ねて1つの「わ」となるように布を置きます。

カットしていきます。

上辺から20cmに印をいれ

平行に線をひきます。

下辺からも20cmの所に印を入れ、平行に線を引きます。★

左辺から41cm巾を測り、平行に案内線を引きます。

紙皿などを使って角にカーブを描き

★の線につながるように描いてカットします。

上辺端から11cmの所に印をいれ

下方向に3cmのところから

紙皿などを利用してカーブを描き

カットします。

上辺の「わ」をカットします。2枚の布になります。

下の布のみ左上から下方向4cmに印を入れ

11cmの印とつながるようにカーブを描き

カットします。

※小さめな衿ぐりです。

上辺から下方向へ4.5cmに印を入れ

そこからさらに下方向4.5cmに印を入れて

ハサミでちょんと切って印をつけます。

縫う順番の説明です。

衿ぐりにテープ(接着芯)をつけます。

三つ折りにしてステッチをかけます。

上、右、下の直線部分にロックミシンをかけます。

上辺(肩から袖)を縫い合わせます。

袖先にステッチをかけます。

ハサミで入れた二つの印にはタックを入れます。

両サイドにステッチをかけます。

下辺にステッチをかけます。

カーブ部分を縫い合わせてロックミシンをかけます。

袖口を三つ折りにしてステッチをかけます。

動画通りに進めます。

テープをアイロンでつけます。接着芯はハーフバイアスを使用しています。

アイロンで三つ折りにします。

ステッチをかけます。

裁断物を最小限に抑えられるので

一番簡単な衿ぐりの始末方法かなと思います。

縫った後のようすです。

直線部分にロックミシンをかけます。

ロックミシンをかけた後の糸の端は、縫い目の中を通すと

きれいに仕上がります。

肩から袖を縫い合わせます。

肩を合わせ、袖口15cm手前まで縫い合わせます。待ち針を留めておきます。

袖先は三つ折りにしてステッチをかけます。

縫い合わせます。

袖先の縫い代を開き

三つ折りにして

ステッチをかけます。

ステッチをかけた後のようすです。

肩の縫い始め部分の縫い代を開いてV字型にステッチをかけます。

縫い代を落ち着かせるための

ステッチです。

袖口にタックをいれます。

ハサミの印にまち針をつけています。

隣同士のまち針を折りたたんで合わせ

まち針で留めます。

袖先から4.5cmを測ります。

点線部分を縫います。

4つのタックの4.5cmの縫止まりに横向きのまち針を入れておきます。

まち針の位置まで縫います。

折り目にまち針を打ち

まち針が縫い目と合うよう折りたたみます。

タックを整えて

縫い留めます。

表側から、4.5cm 縫い合わせた部分に上からステッチをかけます。

ステッチをかけた裏側のようすです。

表側です。

裾を縫っていきます。

両サイドを先に、三つ折りにしてステッチをかけます。

続けて下辺(裾)を三つ折りにしてステッチをかけます。

角の様子です。

衿ぐりから肩線の縫い代を開きます。

カーブ部分(袖下から脇)を縫い合わせてロックミシンをかけます。

縫い合わせます。

ロックミシンをかけます。

袖口の仕上げです。あと少しです。

袖口は3cm巾で一度折り

三つ折りにします。

この時、4.5cmの縫い止まり位置に

三つ折りのステッチがくるように縫い代を整えると仕上がりがきれいです。

ステッチをかけます。

ステッチ後です。

すっきりした袖口になりました。

赤丸の縫い合わせ部分は

縫い代を袖口と同じ方向に倒し

ステッチをかけます。

袖口にお好みの長さでゴムを通し

完成です!

スポンサーリンク
easy sewing lovedをフォローする
easy sewing for loved ones

コメント